HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
今日は何の日? 歩くハテナくん
敬老の日
敬老の日

敬老の日

9月第3日曜日の翌日の月曜日は「敬老の日」です。おじいちゃん、おばあちゃんの健康と長生きを願い、家族でお祝いしませんか?年寄り扱いされたくない!という人もいるかもしれませんが、お孫さんにお祝いされたら嬉しくないはずがありません。

敬老の日って?

「敬老の日」は国民の祝日の1つで、祝日法では「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」と定められています。長い間、社会のために尽くしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活の向上を図ろうという気持ちが込められているものです。この日は敬老にちなんだ行事が全国各地で行われるほか、家庭でも父母や祖父母の長寿を祝います。

由来

敬老の日は、1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、農閑期にあたり比較的気候もいい9月中旬の15日を「としよりの日」と定めて敬老会を催すようになりました。1950年になると同様の催しが兵庫県全体で行われるようになり、その4年後には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになったそうです。しかし、各方面から名称に関する異議が生じたため、一旦「老人の日」と改名され、後の国民の祝日法で正式に祝日と制定された際に、現在のような名称(敬老の日)に改められました。その起源としては聖徳太子が現在の大阪市に身寄りのない老人や病人、貧しい人たちを救うための施設(悲田院)を開いた日、元正天皇が717年に年号を「養老」として養老の滝に御幸した日あるいは高齢者に贈り物をした日などの諸説もありますが、いずれも確かなものではありません。なお、2001年の祝日法改正により、2003年からは9月第3月曜日となりました。

慣わし

敬老の日そのものの歴史が浅いため、特別なしきたりや慣例はありません。しかし、最近は家族が集まって食事をしたり、プレゼントを贈ったりすることが多いようです。いずれも年長者を敬い、労うことが敬老の日の何よりのお祝いになります。ただし、中には「お年寄り」として扱われることを嫌がる人もいるので、ささやかなお祝いに留めるのも1つの手でしょう。

定番のプレゼント

家族旅行

家族旅行

夏休みが終わったばかりという時期柄、予算的にも厳しいものがあるかも知れませんが、還暦や銀婚式、金婚式などにあたる年であれば、思い切って遠方に足を延ばしてみるのもいいでしょう。


花

日頃の感謝の気持ちを込めて、おばあちゃんの好きな花や季節の花、またはおじいちゃんの好きな盆栽などをプレゼントしてみませんか?この際、感謝の気持ちをしたためたメッセージカードも添えると、喜ばれること間違いなしです!


食事会

食事会

おじいちゃんやおばあちゃんにとっては、家族みんなでゆっくりと食事をするのが何よりも楽しく、最高のプレゼントとなるはずです。レストランを予約するもよし、手料理をたくさん作ってホームパーティーを開くもよし!


家族で楽しむ「敬老の日」

敬老の日の主役はおじいちゃん、おばあちゃんです。そしてなによりも大事なのが孫の存在でしょう。小さな子供がいる家庭では、おじちゃん、おばちゃんを囲んで、お手玉やビー玉など、昔の遊びを教えてもらってはいかがでしょうか。遊びを通して日本の伝統文化を振り返るきっかけにもなるでしょう。なお、お手玉やビー玉には老化防止の効果があることも実証されているので、プレゼントにもピッタリです。お手玉は親子で手作りして、世界に1つしかないレゼントをしてみてはいかがでしょうか?


Copyright (c) 2010 - 2016 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。