HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
十五夜

十五夜

秋は涼しい風が心地よく、空気も澄んできて夜空の月が輝く美しい季節です。

秋のイベントの1つに、十五夜があります。

ススキを飾り、お団子や果物をお供えし、きれいな月を眺めるのは心が洗われるようです。

では、十五夜の由来はどんな意味があるのでしょう。古から伝わる日本の十五夜についておぼえておきましょう。

十五夜って?

秋の風物詩といえば、やっぱり「お月見」です。月を眺めるだけなら1年中できますが、中でも旧暦の8月頃は月見に適した時節とされてきました。俗に言う「十五夜」は旧暦の8月15日の夜の月見を指し、その日を"中秋”と呼ぶために「中秋の名月」とも呼ばれています。なお、旧暦の9月13日のお月見を「十三夜」あるいは「栗名月」と呼びますが、これは日本独自の風習です。

由来

お月見は中国唐時代の観月宴「中秋節」に由来し、日本に伝わったのは平安時代とされています。当初は風流なことを好む貴族の間で「月見の宴」が盛んに行われていましたが、庶民の間で広まるようになると、農耕的な意味合いを含んだ行事へと変化していきました。元来、日本には満月を“豊穣”の象徴とし、収穫物をお供えする信仰があります。このような“収穫祭”と中国の“月見”が交じり合い、現在のような「十五夜」の形になりました。

慣わし

ススキ

ススキ

月見は穀物の収穫祭でもあるので、稲穂に似たススキや稲穂そのものを飾ります。ススキはその鋭い切り口が魔よけになるとされ、お月見のあと軒先に吊るしておくと、1年間病気をしないという言い伝えもあります。


供物

供物

お月見では、月見団子や収穫物など色んなものをお供えします。ちなみに、月見団子は中国で供えていた“月餅”からきたもので、以前はお供えした月見団子を近所の子供たちにたくさん盗み食いされた家ほど縁起がいい・・・という風習もあったようです。


十五夜の楽しみ方

月をゆっくり眺めるだけでも、時間がゆっくりと流れる素敵な時間を過ごすことができますが、十五夜らしく過ごすための演出があるだけで、お月見もまた違った雰囲気を味わうことができます。お月見をする場所を「月見台」と呼び、ベランダや窓辺などに、ススキや秋の草花を飾り、団子や果物をお供えし、家族でお月見を楽しみましょう。今では少なくなりましたが、縁側のある家でしたら、そこを月見台としてお月見をすると、かなり雰囲気が出ます。もちろん、窓辺に食卓を移し、そこで月を眺めながら、十五夜らしい夕食をとるのもいいですね。 昔はどの家庭でも、ベランダや縁側に台を置き、ススキを飾り、団子や果物の前にはろうそくを灯し、部屋を暗くして家族皆で月を眺めたものです。そういった家庭が少なくなった今だからこそ、家族皆で十五夜にお月見をしてみませんか?

もう1つのお月見

お月見日本では十五夜だけでなく、旧暦の9月13日にもお月見をする習慣があります。これは「後の月」や「十三夜」と呼ばれ、日本独自の風習です。また、十五夜にお月見をしたら同じ場所でお月見をするものとされ、どちらか一方しかお月見をしないことを「片見月」といい、縁起の悪いものとされていました。しかし、地域によっては十三夜だけをやる場所もあります。収穫祭の要素が色濃いため、収穫前後に月に祈ったと考えられています。また「十三夜に曇りなし」という言葉があることからも分かるように、十三夜はキレイに月が見えるとされています。そう言われてみれば、十五夜の日は毎年あまりスッキリしない天気のことが多いかもしれませんね。


Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。