HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
七五三

七五三

11月15日の七五三には、神社で羽織・袴や着物姿の子供たちを多く見かけます。

誇らしげに記念写真に納まる姿は、何とも愛らしいものですね。

七五三の際には、ぜひ家族みんなで、子供の成長をお祝いしましょう。

七五三は子供の成長を感じる事ができるだけではなく、子供達が着物を着て神社を参拝する姿は、見ている人たちの心を和ませてくれます。

七五三って?

七五三

七五三は神社や寺院に参拝して、節目を迎えた子供たちの健やかな成長を祈願する行事です。昔は7歳まで成長できた子供を「神の子」とし、その節目の年に「帯解の儀」を男女ともに行っていましたが、やがて3歳の男女が「髪置」、5歳の男の子が「袴着」、7歳の女の子が「帯解」を単独で行うようになり、明治時代には七五三として11月15日に祝うようになりました。現在、男の子は5歳のみをお祝いするのが一般的です。また、昔は数え年で祝っていましたが、現在は満年齢で祝うことが多く、兄弟姉妹がいる場合は一緒に行うこともあります。

由来

昔は乳幼児の死亡率が高く、7歳までの子供は「神の子」とされ、7歳になって初めて社会の一員として認められました。その通過儀礼として行われていた儀式(髪置や袴着、帯解)が「七五三」の起源とされています。

髪置

「髪置」は男女ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。当時は頭髪から病気が入ると考えられていたので、3歳までは男女ともに髪を伸ばさず剃り続けていました。


袴着

「袴着」は5歳の男の子が生まれてはじめて袴に袖を通すお祝いです。冠をつけて、勝負の場を象徴する碁盤の上に立たせ、どんな場面でも勝つようにとの思いを込めて四方に向かって祈願します。


帯解

「帯解」は女の子が7歳になった年のお祝いで、それまで帯の代わりにつけていた紐を解いて、大人と同じ帯(本式の帯)を締める儀式です。つまりは、大人の女性の仲間入りをする日といっていいでしょう。


慣わし

神社以前は数え年の男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳で祝いましたが、最近では満年齢で男子が5歳、女子が3歳と7歳でお祝いするのが一般的とされています。
お参りする神社も本来は近くの氏神様ですが、最近は有名な神社や比較的大きめの神社にお参りする人が多いようです。また、以前は11月15日(徳川5代将軍綱吉の子、徳松の祝儀が行われた日)に七五三を祝っていましたが、現在はあまりこだわらず、その前後の祝日や家族の都合がいい日、天気のいい日などに行われています。

行事食

千歳飴

七五三といえば「千歳飴」ですね。
千歳飴は長く伸ばして作ることから"長寿”の意味があり、子供の健康・長寿を願う縁起物とされています。


衣装

七五三の衣装は貸し衣装にする人が大半ですが、祖父母が用意してくれたり、兄弟、姉妹や親戚などから受け継がれてきたものを着ることも珍しくありませんね。最近では着物ではなく、タキシードやドレスで七五三をする家庭も多くなってきています。動きにくくて締め付けがある着物より、お姫様になったようなドレスの方が女の子には人気があるようですよ。

記念写真

七五三を迎えたら、ぜひ記念写真に残しておきましょう。写真スタジオでは、貸衣装、メアメイク、メイクまで行ってくれるところがほとんどで、手ぶらで写真館まで出向き、身支度をして記念撮影をし、そのままお宮参りに行くことができます。お子さん1人での撮影の他に、家族写真も撮っておくといいですね。


Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。