HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
成人式

成人式

最近では式典中のマナーの悪さなどが問題視され、マスコミにも取り上げられる成人式。

一生に1度の記念すべきイベントなので、思い出深いものにしたいですよね。

20歳まで育ててくれた親への感謝を忘れずに、社会の一員として一歩を踏み出すのが成人式です。

家族で“晴れの日”をお祝いしましょう。

成人って?

満二十歳になると、法律上でも責任ある一人前の大人として扱われます。この成人を祝う儀式が「成人式」になります。過疎化が進む町では、1月ではなく、お盆に帰省してきたときに合わせて成人式をする地域もあります。

由来

成人とは日本には以前、「元服」という、今の成人式と同じような儀式がありました。元服とは男子が成人となった証として、大人と同じ装束を着て髪を結い、冠をかぶる儀式です。
12〜16歳までの間に行われ、このときに幼名から名前を改め、烏帽子をつけます。上流階級の子供の場合には、元服の際に、位が与えられました。女子の場合、15歳の時に「髪上げ」という儀式を行っていました。室町中期以降は、身分の高い人意外であれば前髪を剃ったり、着物の袖を短くするなど、様々な儀式が行われていました。

慣わし

昔は田植え、田打ち、草刈りなど村ごとに大人が1日にできる仕事量が決められていました。その出来栄えによって一人前の大人かどうかを判断していました。その能力を試す場となっていたのが、成人式とされています。一方で、現在の成人式はというと、“国民の祝日”(以前は1月15日でしたが、2000年からは1月第2月曜日)となっていて、各地で成人を祝う式典やイベントが行われたり、神社でも成人祭が行われます。

装い

スーツ

成人式の装いは男性の場合、紺またはチャコールグレー無地のスーツが一般的ではないでしょうか。成人式の祝典に出席する際にも装いにコレといった決まりごとはありませんが、この機会にフォーマルウェアを一式揃えておくといいでしょう。また、成人式会場では、スーツ姿の女性も少なくありません。


紋付・袴

ちょっと目立ってみたい!そう思う男性は紋付袴を着る人も多いですね。レンタル衣装でも様々なデザインのものがありますので、問い合わせて見ましょう。


振袖

振袖

成人式の女性の装いと言えば振袖ですね。晴れの日は、艶やかで明るいデザインの振袖に、華やかなメイクやヘアスタイルで決めます。振袖の色やデザインも年々増えていますが、無地やモノトーン、ワンポイントが付いたものも好まれています。ちなみに、振袖には「長い袖で厄を振り払う」という意味が込められています。


成人式のお祝い

お祝いは20歳の誕生日に渡すのが一般的といわれていますが、成人式間近に渡すことも珍しくありません。祖父母、親戚から贈られることが多いでしょう。男性にはネクタイや時計、財布など、女性には両親や曾祖母から振袖やアクセサリー、バッグなどの小物が喜ばれます。最近では現金や商品券も喜ばれています。お祝いの思い出に、記念写真を残すこともお忘れなく。

友人とお祝いする

成人式が終わった後、式で再開した友人や仲間と飲み会!という人も少なくありません。男性の場合はスーツ姿が多いのでさほど問題はありませんが、女性の場合は振袖姿がほとんどでしょうから、一度着替えてから出かけるようにしましょう。万が一汚してしまうと大変なことになります。


Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。