HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
端午の節句
端午の節句

端午の節句

端午の節句は言うまでもなく、男の子の成長を祝う日です。
昔は節句のたびに柱に傷をつけて背がどれだけ伸びたのか、その高さを測ったものです。
現在ではそういったことも廃れてしまいましたが、端午の節句でお祝いすることは変わらずに健在なのです。

端午の節句って?

端午の節句は奈良時代から続く古い行事で、5月5日のこどもの日にあたります。かつて、季節の変わり目である端午の日に、病気や災厄を避けるための行事が行われていました。端午というのは、元々“月の端(はじめ)の午(うま)の日”という意味で、5月に限ったものではなかったようです。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日になったとされています。

由来

5月は古くから“物忌みの月”とされ、その邪気を祓うために行われていたさまざまな行事が「端午の節句」の始まりです。厄払いに菖蒲を使っていたため、それを「尚武(しょうぶ)」とかけて、武士の節目の行事となったことから、男の子の節句として定着したとも言われています。1948年(昭和23年)には端午の節句を「こどもの日」として、国民の祝日の1つに定めました。今もなお古くからの風習が受け継がれ、男の子の成長を願う行事となっています。

慣わし

端午の節句では鎧や兜、武者人形、こいのぼりを飾る風習があります。特に、鎧や兜は男親もしくは祖父が飾るとされていましたが、現在では特にこだわる必要がありません。4月中旬までには飾りの準備を終わらせ、当日か翌日の晩には両家両親や親族、知人を招き縁起物のご馳走をしてもてなしましょう。また、銭湯や自宅のお風呂で菖蒲を浮かべて入る「菖蒲湯」などの風習もあり、これは強い香気による厄払いという意味が込められたものです。

行事食

柏餅

柏餅

柏餅に用いられる“柏”は、新芽が出てから枯れていく植物です。すなわち“跡を継いでいく”という家制度の思想傾向があり、「子孫繁栄」を意味することから端午の節句でよく食べられるようになりました。


ちまき

ちまき

柏餅が日本で生まれた風習なのに対して、ちまきは中国から伝わってきたものです。ちまきには「難を避ける」という縁起的な意味合いがあり、中国故事にある戦国時代の詩人(屈原)への供養が始まりとされています。


こいのぼり

こいのぼりは男の子が生まれたことへの喜び、健やかに育つようにと願いを込めて、庭先に空高く飾られます。江戸時代の武家からはじまった習慣ですが、現在では住宅事情もあり、マンションやアパートのベランダに飾れるコンパクトなタイプのこいのぼりも人気です。こいのぼりと一緒に、兜なども飾られますが、こちらも住宅事情から、飾らない過程も増えてきています。

こいのぼり
こいのぼり

菖蒲湯

端午の節句には菖蒲湯に入ります。ちょっとしたひと手間でより一層菖蒲の豊かな香りを楽しむことができますよ! まず、香りは葉から、効能(血行促進や保温効果など)は茎の部分から出るので、両方を10本ぐらいずつ用意して束ねておきましょう。沸かし湯の場合は水のうちから菖蒲を入れ、少し高めの温度に沸しておくと香りがグンとアップします。一方、給湯式の場合には湯を張る前から菖蒲を入れ、高めの温度(42〜43度)で給湯し、香りを高めてから冷まして入ると効果的です。


Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。