HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
ひな祭り
ひな祭り

ひな祭り

3月3日といえば「桃の節句」、そう。ひな祭りですね。女の子が主役で雛人形を飾ってお祝いします。ですが、以前と違って核家族化が進み、雛人形も壇飾りではなく、内裏雛のみという家庭も多くなってきています。だからこそ、満足できる演出を心がけたいものですね。

ひな祭りってどんなもの?

ひな祭りは女の子が健やかに成長するよう願う年中行事です。雛人形を飾り、白酒、菱餅、はまぐりのお吸い物でお祝いするものとされていますが、はまぐりのお吸い物を用意する家庭は珍しくなってしまいました。

由来

ひな祭りの起源は紙や布で作った質素な人形に自分の災いを背負わせ、川や海に流す「流し雛」と言われています。流しびなが女のこの人形遊び(ひいな遊び)と結びつき、江戸時代には飾るスタイルとなり、現在のような形になりました。

慣わし

桃の節句の1週間前までには飾るのが一般的です。通常、翌日にはすぐに片付けられますが、よく言われる「お嫁に行けない・婚期が遅れる」と言うよりも、「行事が終わったらいつまでもそのままにせずに、早めに片付けましょう」という意味だと言われています。

行事食

菱餅

菱餅

赤、緑、白の菱餅には、赤は魔よけを表していて、桃の花を表現し、緑は健康を表し、大地を表現、白は清浄で雪を表現したもので、健やかな女の子に育って欲しいとの願いが込められています。


はまぐり

はまぐり

はまぐりは違うはまぐりとは貝殻が合わない事で知られる貝で、良縁に恵まれて仲むつまじく過ごせるようにと願いを込め、ひな祭りに食べられるようになりました。


ちらし寿司

ちらし寿司

ちらし寿司にはエビ(長生き)やレンコン(見通しが利く)、マメ(健康でマメに働ける)など縁起のいい具材が多く用いられ、また三つ葉や玉子など華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなりました。


家族で楽しむひな祭り

可愛い娘の為に、ひな祭りパーティーを開いてあげましょう。今日の主役は女の子である娘です。雛人形の前でおめかしして記念撮影は思い出に残るのでぜひやっておきましょう。

ちらし寿司は子供と一緒に作ってみてはいかがでしょうか。酢飯を作るとき、うちわで扇ぐ係りをしてもらいましょう。きっと少しお姉ちゃんになった気分で張り切って手伝ってくれるはじですよ♪

ひな祭り
ひな人形

皆で祝おう

ひな祭りには、仲良しのお友達を呼んで、パーティーもいいですね。大掛かりなことは必要ありません。菱餅に雛あられ、ジュース以外に皆で食べられるお菓子などを用意して、子供用パーティーをしましょう。もちろん、女の子だけではなく、男の子のお友達も招待してあげましょう。

夜はおじいちゃん、おばあちゃんを招待してひな祭りパーティーはどうですか?ひな祭りケーキも用意して、賑やかに楽しく過ごせそうですね。孫の成長を願うおじいちゃん、おばあちゃんは、招待されたことにきっと大喜びですし、主役の子供も着飾り、きれいなお雛様に大好きなおじいちゃん、おばあちゃんが揃いますので、ひな祭りの日を指折り数えて待ち焦がれることでしょう。


Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。