HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
お盆

お盆

お盆には、ご先祖様が年に1度の里帰りをすると言われていて、家族でご先祖様を迎え入れ、生前のご恩に感謝しましょうという行事です。
毎年故人を偲んでお墓参りをする人も多いでしょう。
そのために、遠い故郷まで里帰りする家族も大勢いますね。
家族皆が心を寄せ合うことに「お盆」本来の意義があります。

お盆って?

「お盆」は先祖の霊が帰ってくる日とされ、家族や親戚が集まってさまざまな行事を行います。
日本古来の祖霊信仰と、仏教行事である「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が結びついたものです。
一般的には8月13〜16日にかけて行われますが、本来は7月15日とされています。
もともとは旧暦の7月15日に行っていたので、新暦の7月15日にしようという動きもありましたが、お盆らしくない時期になる上、新暦で生活している一般人にとって不便が生じるため、妥協策としていわゆる「中暦」を適用し、新暦で1月遅れの8月15日にお盆を行っているのです。

由来

盂蘭盆会はお釈迦様の弟子にあたる目蓮(もくれん)が餓鬼道に落ちて苦しんでいる亡き母を救おうと、お釈迦様の教えに従って夏の修業期間のあける7月15日に多くの衆僧に食事を振舞って供養し、その功徳によって母親は極楽往生を遂げることができた・・・という故事に由来しています。
その日が7月15日であったことから、この期間に先祖の霊を我が家に迎えて供養を捧げ、仏様の浄土に送り返す「盂蘭盆会」の行事が行われるようになりました。

慣わし

迎え火

8月13日の「迎え盆」は先祖の霊を迎えるため、仏壇を掃除して季節の野菜や果物、餅、団子、精霊馬、燈明、盆花などをお供えします。
夕刻に門口で苧殻(おがら)を焚き、その「迎え火」を目印に先祖の霊が帰ってくるとされています。
なお、盆提灯も迎え火の1つです。


送り火・精霊流し

8月16日の「送り盆」には家の門口で苧殻を燃やし(送り火)、先祖の霊を送り出す「精霊送り」を行います。
送り火は村はずれや山の上、浜辺などにて共同で行う場合もあり、京都の大文字の送り火などはその1つです。
なお、「精霊流し」はその変形で、供物や灯篭を入れ物に乗せて川などに流します。


精霊馬

精霊馬

先祖の霊がお盆に帰ってくる際の乗り物にするため、きゅうりやナスに割り箸で足を作って刺し、馬や牛の形に見立てたものが「精霊馬」です。
きゅうりの馬で早くお迎えし、帰りはナスの牛でゆっくりと帰ってもらう・・・という言い伝えもあります。
遠いところからわざわざ帰ってきてくれた・・・そんな先祖の霊への親愛感を表す風習です。


盆踊り

盆踊り

今では夏祭りの1つとして親しまれていますが、本来はお盆に帰ってきた先祖の霊を慰めて送り出すための行事でした。
しかし、時代とともに宗教的な意味合いが薄れ、町や村などの娯楽として発展し、社交の場となったのです。
昔ながらの生活感情を素朴に歌い踊った盆踊りは、今も地域で大切に受け継がれています。


お盆の帰省

お盆の帰省お盆の休暇に、生まれ故郷の田舎に帰る人も多いですね。ま
た、休暇を家族旅行で過ごす家庭もあり、高速道路や新幹線、JR、空港は毎回大混雑になります。


新幹線やJRなどは予約していなければとんでもないことになりますので、早めに予約席を確保するようにしましょう。


また、高速道路は、大渋滞にはまってしまうと動きがどれなくなりますので、携帯トイレ、飲み物などは余分に用意しておくようにしましょう。



Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。