HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
父の日

父の日

お父さんは毎日仕事が忙しく、朝早く家を出て夜遅く帰ってくるので中々話す機会もない…そんな家庭も多いかも知れませんね。
でも、家族のために頑張っているお父さんです。
感謝を込めて「いつもありがとう」と伝えてみましょう!

父の日って?

母の日の1ヵ月後、父の日がやってきます。
父の日は1人の女性の父親に対する深い愛情から生まれた記念日です。
母親に比べると接する機会も少なく、普段はあまり話さない・・・という人も多いかと思いますが、年に1度のこの日ばかりは恥ずかしがらずにお父さんに感謝の気持ちを伝えてみませんか?

由来

父の日の由来は、アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人の提唱です。
彼女の父親は妻に先立たれ、ドット婦人をはじめとする6人の子供たちを男手1つで育て上げました。
そんな父に育てられた彼女は「母の日」の存在を知り、父に感謝する日がないのは不公平だと、1909年6月19日(第3日曜日)に「父の日」の制定を提唱したのです。
その後、父の日のイベントは各地に広まり、1916年にはアメリカ全土で行われるようになりました。
アメリカで正式に「父の日」が国民の祝日となったのは、1972年のことです。
日本では1950年頃から普及し始め、現在はFDC日本ファザーズ・デイ委員会も設立され、父の日黄色いリボンキャンペーンやベスト・ファザー賞などのイベント活動によって広く親しまれています。

慣わし

アメリカでは、提唱者でもあるドット婦人が父親の墓前にバラを手向けたことから、健在している父には「赤いバラ」、亡くなっている父には「白いバラ」を贈るようになりました。
一方で、日本は幸福や希望の象徴である「黄色」を父の日のイメージカラーとし、その年話題になった父にイエローリボン賞を贈る習慣があります。
しかし、花は特定されていないため、一般的に黄色や白のバラ、また“子の愛”という花言葉をもつユリの花などが贈られているようです。

定番プレゼント

グラス・湯呑み

お父さんの名前や感謝の気持ちをしたためた「グラス」を贈ってみてはいかがでしょうか?
仕事で疲れて帰り、ホッと一息ついたときに飲む一杯はお父さんにとって至福のひと時です。
お酒を飲まないお父さんには「湯呑み」がおすすめ。
毎日使えるものだからこそ、喜ばれること間違いなしですよ!


お酒

お酒

晩酌をするお父さんには愛飲のお酒や、ちょっとグレードを上げたお酒をプレゼントしてみては?
ラベルにメッセージを入れられるものもありますので、ネットで調べて注文してみましょう!


手紙

手紙

気持ちがこもっているものをもらうのは嬉しいものです。
メッセージカードや写真つきの手紙、ビデオレターなどは、一緒に暮らしているだけではなく、離れて暮らしているお父さんには最高のプレゼントでしょう。


父の日に感謝を込めて

酒の肴父の日にはお父さんのために車を洗ってあげたり、お酒を飲むお父さんであれば、一杯の肴を作ってあげるなど、普段できないことをしてあげてはどうでしょうか。
仕事で日頃の疲れがたまっているのであれば、マッサージで首や肩の凝りをほぐしてあげるのもいいですね。



Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。