HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
七夕

七夕

天の川を挟んで離れ離れになった織姫と彦星が、年に一度だけ会うことが許される日が「七夕」です。

一般的には7月7日ですが、8月7日に七夕を祝う地域もあります。

七夕のルーツを知ることで、今まで以上に七夕が楽しい記念日になりますよ。

七夕って?

七夕は"たなばた”あるいは"しちせき”とも読み、古くから行われている日本のお祭り行事で、1年間の重要な節句をあらわす「五節句」の1つにも数えられています。
毎年7月7日、地域によっては8月7日の夜に願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉に吊るし、星に祈りを捧げる習慣が今も根強く残っています。

由来

七夕といえば、天の川の両側に隔てられた織姫と彦星が年に1度だけ会うことを許されるという伝説(七夕伝説)が有名です。
この伝説から、手芸や芸能の上達を祈願する「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が生まれました。これら中国から伝来した説と行事に、日本古来の収穫行事が結びついたのが、現在の「七夕」です。
日本の旧暦にあたる七夕は稲の開花時期で、水害や病害などが心配な時期であったほか、お盆(旧暦7月15日)の準備をする頃でもありました。
そこで、棚機女(たなばたつめ)という巫女が水辺の棚の上に設けられた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織機を使って先祖に捧げる衣を折り、それを祀って収穫の無事を祈ったそうです。
なお、「棚」には神聖なものを一段上げるという意味があります。
やがて、この行事と「乞巧奠(きっこうでん)」が交じり合い、願い事を短冊に書いて笹に飾る行事へと変化していきました。
なお、元々は7月7日の夕方を表して「七夕(しちせき)」と呼ばれていましたが、棚機(たなばた)にちなんで「七夕(たなばた)」という読み方に変わっていきました。

慣わし

短冊

七夕飾りは、本来機織のうまい織姫にあやかって、機織や裁縫の上達を祈るものでした。
ところが、江戸時代になり庶民の間で七夕飾りが広まると、寺子屋に通う子供たちが習字などの上達を願うようになりました。
本来はサトイモの葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、五色の短冊に願いを記します。
サトイモの葉は神から授かった天の水を受ける傘の役目があり、その水で墨をすると文字も上達すると考えられていました。
なお、笹の葉につけられる飾りには、それぞれに意味が込められています。

短冊

中国の陰陽五行説に由来するもので、学問や書道の上達を願う。

吹流し

織姫の織り糸を表すもので長寿を願う。

巾着

商売繁盛や富貴を願い、節約や貯蓄の心を養う。

千羽鶴

家の長老の歳の数だけ折り、家族の長寿を願う。

紙衣

病気や災害の身代わりになる他、裁縫や手芸の上達を願う。

網飾り

魚を捕る網を表し、豊漁や豊作を願う。

くずかご

上記の飾りを作り終わった跡に出る紙くずをいれ倹約と清潔の心を養う。

行事食

素麺(そうめん)あまり知られていませんが、七夕の行事食は「素麺(そうめん)」です。
その歴史は古く、奈良時代の宮中の儀式や作法を綴った「延喜式」の中で、七夕の節句に「索餅(さくべい)」をお供物にするよう定められています。
これは「素麺」のルーツとなるもので、当初は小麦粉を縄のように練って伸ばし、油で揚げたお菓子のようなものでした。
それがやがて小麦粉を練り、細長く伸ばすようになったのです。もともとは古代中国で7月7日に死んだ子供が霊鬼神となって熱病を流行らせたため、その子の好物だった「索餅(さくべい)」を供えて怒りを鎮めたという故事があります。
以来、「索餅」を食べて病除けするようになったことから、七夕の行事食になりました。
今のような「素麺(そうめん)」になってからは“天の川に見立てている”という説や“機織の織り糸に見立てている”という説など、さまざまな説が飛び交っています。

七夕を楽しむ

素敵なイベントの七夕には、家族みんなで天体観測をしてみませんか? 天の川はおよそ2000億もの星の集まりで、これを隔てて輝く星々が旧暦7月7日に接近することから「七夕伝説」が生まれました。

そこで、まずは東の空を見上げましょう。3つに輝く星(ベガ、アルタイル、デネブ)が見えると思いますが、これが「夏の大三角形」と呼ばれるものです。そのうち「ベガ」が“織姫”で、「アルタイル」が"彦星”を意味します。夏の大三角形の周囲にある光の帯が、かの有名な「天の川」です。


Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。