HOMESITEMAPLINKPrivacy Policy
歩くハテナくん
節分

節分

昔は2月3日の節分のよるになると、玄関や窓を開け放し、近所中が豆まきをしたものです。
炒った大豆をまき、年の数だけ食べると良いとされていましたが、あまりおいしいものではありません。
現在では豆まきをする家庭も減り、大豆の代わりに掃除が楽な落花生を巻く家庭もあります。

節分って?

節分が近くなると幼稚園などでは園児が鬼のお面を作り、皆で豆まきをする行事がありますね。
皆さんも子供の頃の記憶の片隅にあるのではないでしょうか。
こうした日本の伝統は家庭でやらなくなった反面、幼稚園や保育園では毎年行われていますね。

由来

新年を迎えて既に1ヶ月を過ぎていますが、暦の上では節分を年変わりの日としています。
季節が変わる節目を「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と呼んでいますが、それぞれの前日を「節分」と言います。
昔は立春が新しい年の始まりとされていたため、立春である2月4日の前日の節分は大変重要なものだと考えられていました。

慣わし

豆まき

豆まき

節分に豆をぶつけられる鬼は邪気を表しています。邪気をはらうために「鬼は外・福は内」と言いながら炒った大豆をまきます。
まいた大豆を年の数だけ食べると、1年間健康に過ごせるという言い伝えがあります。
日本では古くから、穀物や果実には邪気をはらう力があると信じられていることから、大豆を使っています。
地域によっては大豆ではなく、落花生をまくところもあります。


恵方巻き

最近“恵方巻きを食べる”ことが、節分のイベントの1つとして定着してきました。
この恵方巻きは大阪で発祥したといわれています。
その年の恵方(良いとされる方角)に向って目を閉じ、願い事を思い浮かべながら太巻き1本を丸ごと無言でひたすら食べ続けるというもの。
そうすると、願い事が叶うそうです。
太巻きを丸ごと食べるのがポイントですが、これには「福を巻き込み、縁を切らない」という意味があります。


鬼役はお父さん?

鬼役はお父さん?どの家庭でも、豆をぶつけられる鬼役はお父さんでしょうか。
迫力満点でおそいかかるふりをして、子供が思い切り豆をぶつけ、大げさに苦しんでみせるのもまた楽しい演出ですね。
しかし、本来の豆まきは、家長であるお父さんか、年男の家族が豆をまく役割でした。
それがいつの間にか、鬼役は男性であるお父さん、豆をまくのは女性子供となってしまいました。
でも、豆をまくのに意味がありますので、ぜひ毎年豆まきを行いましょう。

節分祭・節分会(せつぶんえ)

節分祭・節分会(せつぶんえ)2月3日になると、全国の神社や寺院で豆まきが行われます。
有名人を招いて豆まきをしたり、厄払いの儀式があったり、稚児行列、神楽の奉納など、様々なことが行われます。
また、掛け声もそれぞれの神社仏閣で違い、通常の「鬼は外・福は内」の間逆の「鬼は内・福は外」や「福は内・鬼は内」、「福は内」のみのところや、変わった掛け声で「福は内・鬼は内・悪魔は外」「福は内・鬼も内・鬼の目玉ぶっ飛ばせ!」などがあります。


Copyright (c) 2010 - 2018 今日は何の日?-イベント・お祭り情報- All Rights Reserved.

■企画・運営・制作:SEOクリエイティブソリューションズ ■SERVER TRANSFER AGENT

〒041-0823 北海道函館市昭和2-36-25  TEL(0138)84-1231 FAX(0138)84-1237 ※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
お問い合わせはメールのみとなっております。